なた豆茶で口臭改善が出来るの!?

口臭は自分で気付くことが少なく、人に不快な思いをさせてしまうので、臭いの改善できるのであれば早めに取り組みたい症状の一つではないでしょうか!?そもそも口臭の原因というのは生理的口臭病気的口臭この2つに分けられます。

  • 1、食べたカス、口の乾燥、下の汚れなどによる生理的口臭
  • 2、虫歯、歯周病などによるよる病的口臭

生理的口臭の原因としてはストレスや口の乾燥など、病的口臭の原因としては歯槽膿漏や歯周病などがあげらます。この二つの原因により嫌気性菌を繁殖させ口内のたんぱく質などを分解し揮発性硫黄化合物という物質を作り出すことで口臭が発生します。簡単に説明すると口臭を抑えるには嫌気性菌の繁殖を抑えることで改善されるということです。

コンカナバリンAによる免疫力の向上

口腔内の免疫力が低下すると、普段よりも細菌が過剰に繁殖するなどして口臭の原因となってしまいます。そこで効果を発揮するのがコンカナバリンAの作用です。コンカナバリンAは細菌の繁殖を抑える作用があり、さらに免疫力を強くすることで菌を発生を防ぎます。

カナバニンの作用とは!?

なた豆茶に含まれるカナバニンは、膿を排出する効果や炎症を鎮める効果に優れている成分です。一見すると口臭予防とは何の関係がない様に思えるかもしれませんが、口臭の原因のひとつに蓄膿症があります。蓄膿症は鼻の中の副鼻腔という空洞に膿が溜まりそれが炎症を起こし、鼻や口から不快な臭いを発生させます。ナバニンの効果はこの炎症によるドロドロとした膿を対外へ排泄することです。

まとめ

なた豆茶の成分を継続的に体内へ取り込むことで、口臭の改善や予防に取り組むことができます。マウスウォッシュやタブレットなどと違って、なた豆茶なら身体の中から不快なニオイの改善が出来るため、不快な臭いを毎日確認することが無くなるのも魅力のひとつです。

 

また、なたまめ茶と一緒に嫌気性菌の繁殖を抑える方法を試すのも効果的です。その方法とは唾液を増やすだけ!!唾液の抗菌作用を正常に働かすことで唾液は口内の菌を繁殖させやすい酸性環境を中性環境に戻したり、唾液に含まれるゾチームやラクトフェリンの物質が口内に入って来た細菌の殺菌を担ってくれます。

 

唾液は非常に多くの役割を果たしていますが一方で老化により唾液の量は年々減っていくことが分かっています。これにより嫌気性菌の繁殖を抑えきれず口臭に繋がっていきます。高齢者の方の口臭が特に臭いのはこれが原因です。

 

なた豆茶には含まれるコンカナバリンAとカナバニンという二つの成分はこれらの口臭の原因である症状に効果的に作用するので継続的に続けて行くことでその効果を十分に得ることが可能です。ぜひ口臭の改善や予防になた豆茶を取り入れてみてはいかがでしょうか!?

 

トップページへ

なた豆茶ランキング

薩摩なた豆茶

美選なたまめ茶

ブレンドなた豆茶


なたまめ茶

なた豆茶ブレンド