なた豆茶は妊婦さんや授乳中でも飲んで大丈夫!?

妊婦さんのイラスト

妊娠中の辛い症状にお困りではありませんか!?蓄膿症や副鼻腔炎、痔や便秘など妊娠中は薬の服用ができないので困っている方も多いと思います。また、妊婦さんや授乳中の場合どうしても成分などに敏感になりますよね。

 

  • 蓄膿症や副鼻腔炎の症状が辛くてなた豆茶を飲みたいけど妊娠中です。飲んでも大丈夫ですか!?
  • なた豆茶を飲んでいますが妊娠初期です。止めた方が良いですか?
  • 便秘や痔に悩んでいます。薬を飲みたいのだけど妊娠中です。

 

実際に調査してみたところやはりこういった悩みが一番多い印象でした。妊娠中や妊娠初期の場合どうしても病院で処方される薬や薬局や市販で販売されている薬の服用を避けなければなりません。

 

これは薬の成分が胎児に影響を与えてしまうためです。最悪の場合、赤ちゃんが死産や流産といったことにもなりかねません。ですが辛い症状を少しでも和らげたい!そのために何かしらの対策は出来ないだろうかと模索しているはずです。

 

そこでなたまめ茶を見つけた方も多いのではないでしょうか?

なたまめ茶は薬ではありません!

まず初めになたまめ茶は薬ではありません!ですので、赤ちゃんや妊娠初期、授乳中の方も問題なくお飲みいただけます。ですが授乳中や妊娠初期の場合ですと気になるのは、お茶などに多く含まれるカフェインですよね。しかしなた豆茶にはカフェインも含まれていません。

 

一つだけ注意しておきたいのは、なた豆茶の多くはブレンド茶ですので他の茶葉などが使用されている場合があります。その際にはカフェインなどが含まれている場合もありますのでなた豆茶を飲む場合は成分表記などを確認するようにしましょう。

なた豆茶を飲む場合は農薬検査の確認を

妊婦さんがなた豆茶を飲むうえで一番気にしなくてはいけないことは間違いなく農薬です。農薬には害虫を寄せ付けない効果がある一方で、人間にも悪い影響を与えます。農薬をまいているところをご覧になられたことはあるでしょうか!?

 

農薬をまく際は長袖、長ズボンに専用のマスク、ゴーグル等、必ず体に薬品がつかないように薬品をまきます。それほど農薬は強いということです。

 

ですので、妊婦さんがなた豆茶を飲む場合は農薬検査をしっかり受けたなた豆茶を選ぶようにしましょう。また、厚生労働省の推進するポジティブリストを取得しているなた豆茶だとさらに安心ですね。

 

大切なお子様に関わることですので品質や成分のチェックは必ずするようにしましょうね。

妊婦だから豆が心配

妊婦さんまたは授乳中だと豆にかなり抵抗を持っているはずです。大豆などは母乳を沢山増やす効果があるので乳腺がつまってしまい乳腺炎になどなってしまっては困ります。

 

ですがなたまめ茶にはそういった効果はりません!通常のお茶として安心してお飲みください。

ナタマメは漢方薬として使われていた

なたまめは発祥の地は中国です。中国と言えば漢方薬の豊富な地としてご存知の方も多いのではないでしょうか!?

 

そんな中国でなたまめは「本葬項目」と言われる医学の本にも病気を治す植物として記載されています。ですが日本では医薬品・医薬部外品などの薬としての効果を認められていません。

まとめ

妊婦さんは色々な悩みを抱えています。体調が優れない日も多いでしょう。食事や成分も気にしなくては行けないし、動けなくなるにつれて自分の健康管理にも気を使わなくては行けなくなります。

 

なた豆茶は症状の改善だけではなく、なた豆独自の有効成分のほかにも様々な体に良い成分が豊富に含まれています。一日一杯飲むだけですので始めるのも簡単です。

 

また、妊娠中や授乳中はできるだけ薬を服用せずに症状を改善したい、和らげたいと思われる方には特になた豆茶はおすすめです。

 

蓄膿症や副鼻腔炎の薬による副作用は強いので胎児に影響を考えると、なた豆茶は非常に効果的なお茶になります。

 

しかし、カフェインや保存料などは含まれていませんが、絶対に安全とは言えません。

 

ですので、なた豆茶を選ぶ際は安いからと言って簡単に選ぶのではなく品質にもこだわって選ぶようにしましょう。少々お高い健康茶ですが、味も癖がなく非常に飲みやすいのがなた豆茶の特徴!!

 

小さいお子様からお年寄りの方まで幅広い年層の健康をサポートしてくれる健康茶ですので、ぜひ家族でなた豆茶を始めてみてはいかがでしょうか!?

なた豆茶ランキング

薩摩なた豆茶

美選なたまめ茶

ブレンドなた豆茶


なたまめ茶

なた豆茶ブレンド